予防接種

当院は各種予防接種として、インフルエンザと肺炎球菌のワクチン接種を行っています。その他のワクチン接種を希望される方は個別にお問い合わせください。

インフルエンザワクチン

インフルエンザの発症や重症化を抑えるのに効果があるとされるワクチンで、毎年流行時期の前となる10月頃から接種が開始されます。日本では例年12月~3月頃にインフルエンザが流行します。そのため、できるだけこれらの時期に効果が発揮しやすくなるように接種することが大切です。なお、1回の接種による持続効果期間は約5ヵ月、接種後に効力が発揮されるまでに2週間程度の期間が必要と言われています。そのため、より効果を期待したいという場合は、流行のピークとなる1月を迎える前の12月中旬頃までに同ワクチンを接種されるようにしてください。

またインフルエンザワクチンは、年齢によって接種回数が異なります。13歳未満のお子さんは計2回の接種が必要で、13歳以上の方から1回となります。2回受ける場合は、1回目の接種から2~4週間の間隔を空けるようにしてください。

なお高齢者(65歳以上の方 など)のインフルエンザワクチンの接種は定期接種であることから費用の一部が助成されます。西宮市でも費用の一部を助成しています。詳細につきましては、西宮市の公式ホームページをご覧ください。

西宮市の高齢者インフルエンザ予防接種(成人の定期予防接種)について

肺炎球菌ワクチン

肺炎というのは、細菌やウイルスなど様々な病原体によって感染するものですが、その中でも成人が発症する肺炎の3割程度が肺炎球菌による感染と言われています。とくに高齢者は重症化しやすく、また肺炎は日本人の死因第5位(厚労省:平成29年(2017)人口動態統計月報年計(概数)の概況)とされていますが、亡くなられた方の95%以上の方が65歳以上の方です。

このようなことから高齢者の肺炎球菌ワクチンの予防接種は定期接種となっており、西宮市でも費用の一部を助成しています。ちなみに全ての高齢者を対象としているわけではありません(23価肺炎球菌ワクチンをこれまで1度も接種したことがない、当年度で、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、100歳になる方)。また60~64歳の方でも日常生活がかなり制限される障害(心臓、腎臓、呼吸器)がある方、ヒト免疫不全ウイルスによって免疫機能が障害され、日常生活に支障をきたしている方なども対象となります。詳細については、西宮市の公式ホームページをご覧ください。

ちなみに肺炎球菌ワクチンの定期接種の対象外の方でも接種自体は可能です(全額自己負担となります)。ただし、再接種を希望される方で前回の接種から5年未満という場合は、接種部位に強い痛みが出ることがありますので、その場合は5年以上の間隔を空けるようにしてください。

西宮市の高齢者の肺炎球菌感染症の予防接種(成人の定期接種)について