長期に渡る生活習慣によって引き起こされる病気のことを総称して生活習慣病と言います。食事の時間が不規則、偏食・過食などの食生活、慢性的な運動不足、喫煙や多量の飲酒、過剰なストレスなどが蓄積されることで発症するようになります。なお生活習慣病と一口に言っても様々な病気があるわけですが、代表的な疾患としては、高血圧、糖尿病、脂質異常症などがあります。

また、これらの生活習慣病というのは、いずれも自覚症状が現れにくいのが特徴で、これといった治療をしなければ、いずれにおいても血管が障害を受け続けている状態になり、やがて動脈硬化を促進させ、さらに血管内部が狭窄するなどして、別の重篤な病気(脳血管障害(脳梗塞 など)、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞 など)、閉塞性動脈硬化症 等)を併発することがあります。このような病気を発症してから気づく患者様も少なくないわけですが、できるだけこのような状態を避けるためには、定期的に健康診断を受け、自分の身体の状態を把握する、日頃の生活習慣を改めるなどすることが大切です。

なお健診の結果から、血圧、血糖値、尿酸値、コレステロール値について、医師から数値が異常との指摘を受けたら、これといった症状がなくとも一度当院にて詳細な検査を受けられることをお勧めします。

主な生活習慣病

高血圧症

血圧が慢性的に基準とされる数値よりも高い状態にあると高血圧症と診断されます。その数値とは、外来時に行う血圧測定で、収縮期血圧(最高血圧)が140㎜Hg以上、あるいは拡張期血圧(最低血圧)が90㎜Hg以上という状態が続いている場合を言います。なお、ご家庭で計測する場合は、収縮期血圧が135㎜Hg以上、または拡張期血圧が85㎜Hg以上の場合としています(主に起床後と就寝前、1日2回測定します)。

ちなみに収縮期血圧も拡張期血圧も基準を下回っていれば問題ないかといえば、そういうわけでもありません。糖尿病や腎臓病を患っている、あるいは発症するリスクが高いとされている方は、基準値以下であったとしても、血管に相当な負担がかかっていることも考えられます。心当たりがあるという方は、一度ご相談ください。

この高血圧症を発症する原因の9割近くが本態性高血圧と言われています。これは原因が特定できない高血圧とも言われますが、肥満、日頃の食生活(塩分の過剰摂取 など)、慢性的な運動不足、多量の飲酒や喫煙といったことが起きると考えられています。そのため、治療をする場合は、生活習慣の見直しから始めるようになります。なかでも気をつける必要があるのが1日の塩分の摂取量です。日本人の成人の1日の塩分摂取量の平均値というのは、10.1g(厚生労働省:令和元(2019)年国民健康・栄養調査報告)となっていますが、これを高血圧患者様の場合は、1日当たりの接種量を6g程度としていきます。この場合、外食は控えるようにし、料理の味付けにだしや酢を使うなど塩分に頼らない味付けを工夫するなどし、薄味の食事に慣れていくようにします。ラーメンやうどんを食べる場合は、汁は必ず残すようにします。

なお、塩分摂取をできるだけ減らす対策としては、ご飯の付け合わせでもある味噌汁や漬物を一緒にとることを控えるといったことも大事です(2つ合わせると3g程度の塩分をとることになります)。またお酒を飲まれる方は節酒されるようにしてください。具体的な量については、ビールであれば330ml缶1本、日本酒であれば約1合程度が望ましいとされていますが、適量というのは人それぞれですので、量については医師に一度ご相談されることをお勧めします。

脂質異常症

血液中に含まれる脂質のうち、LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)の濃度が基準とされる数値よりも高い、あるいはHDL(善玉)コレステロールの数値が基準よりも低いという場合は、脂質異常症と診断されます。具体的な数値については次の通りです。下記の3つの数値のいずれかが基準を上回るという場合に脂質異常症と診断されます。

  • 【高LDLコレステロール血症】
    LDLコレステロール値≧140mg/dL
  • 【高トリグリセライド血症】
    中性脂肪≧150mg/dL
  • 【低HDLコレステロール血症】
    HDLコレステロール値<40mg/dL

先でも触れたように、生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症 など)は動脈硬化を招きやすいのが特徴なわけですが、なかでもLDLコレステロールが体内で必要以上に増えると、血管内でこれが蓄積するなどして動脈硬化が起きやすくなります。したがって、これをそのまま放置するとやがて血流を悪くさせる、血管が詰まるなどするわけですが、それによって脳血管障害(脳梗塞 など)や虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)といった重篤な合併症を起こすリスクも高まりますので要注意です。脂質異常症も発症したとしても無症状なことが大半なので多くの患者様は病状を進行させるようになります。そのため、定期的な健康診断の結果から、数値の異常を医師から指摘を受けた場合は、何の症状がなくとも一度当院をご受診ください。

なお脂質異常症を治療あるいは予防するにあたって、まず大事とされているのが生活習慣の見直しです。とくに重要とされているのが食生活の改善です。高脂肪食の摂り過ぎはLDLコレステロール値を高くさせるので、適切な摂取量に努めるようにします。また食べ過ぎ(高カロリー)や多量の飲酒というのはトリグリセライド(中性脂肪)の数値を高くするので、これらも控えるようにします。なお、高LDLコレステロール血症の患者様は、食物繊維が多く含まれた食べ物(野菜、海藻類 など)を積極的にとる、たんぱく質をとる場合は、大豆製品や青魚をとるようにすると数値の改善や動脈硬化の抑制されることもありますので取り入れるようにしてください。また運動をすることによって数値の改善(中性脂肪、HDLコレステロール)も図られるようになります。具体的には、体をゆったり動かす有酸素運動(軽いジョギングを1日30分程度)で充分ですが、効果が現れるまでに時間はかかる方なので、継続的に行うようにしてください。

上記の生活習慣の改善だけでは効果が乏しいという場合は、併せて薬物療法も行います。この場合は、LDLコレステロール値などを下げる薬が用いられます。なお生活の乱れとは関係なく、遺伝的要因でLDLコレステロール値が高くなることもります。このような場合は、食事療法や運動療法だけで数値を改善させることは難しいことがよくあるので、薬物療法による治療を速やかに行うようにします。

糖尿病

血糖値とは血液に含まれるブドウ糖の濃度のことを言いますが、この濃度を数値化したのが血糖値です。この値が慢性的に高くなっている状態が糖尿病です。人は、食事をする、糖分を含むジュースを飲むなどして、血糖値が上昇するようになりますが、膵臓のβ細胞で作られるホルモンの一種インスリンが分泌されることで、再びバランスのとれた数値に戻るわけですが、このインスリンの分泌が足りない、効果が十分でないといった作用不足を起こすと血糖値は下がることなく、上昇したままとなってしまうのです。ちなみに膵臓のβ細胞が主に自己免疫反応によって破壊され、インスリンがほぼ分泌されない状態が1型糖尿病、日頃の不摂生な生活習慣(偏食・過食、運動不足、喫煙・多量の飲酒、過剰なストレス など)をきっかけとして、膵臓が疲弊し、分泌不足や効き目が低下している状態を2型糖尿病と言います。

糖尿病は発症間もない状態でも自覚症状がみられることがありません。したがって、定期的に行う健診の結果から、血糖値の高さなどの指摘を医師から受けても、そのまま放置するという方もよく見受けられます。ちなみに病状がある程度まで進行すると、異常な喉の渇き、頻尿・多尿、全身の倦怠感、体重減少(食欲はある)などの症状がみられるようになります。このような場合は、かなり進んだ状態と言えますので、速やかにご受診されるようにしてください。

(糖尿病を)発症するということは、慢性的な高血糖状態が続くことになるわけですが、放置が続けば次第に血管障害を招くようになります。とくに細小血管が集中する網膜、腎臓、末梢神経では合併症が発生しやすくなるのですが、糖尿病網膜症(失明の可能性もある)、糖尿病腎症(人工透析が必要になるケースもある)、糖尿病神経障害(足が壊死することもある)は、糖尿病三大合併症と呼ばれています。

また、太い血管であっても動脈硬化が起きやすくなるので、この場合も放置が続けば、脳血管障害(脳梗塞 など)や虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)など重篤な合併症を発症するリスクが高くなります。これら病気を防ぐべく、血管が狭窄しないようにカテーテルによるステント治療をすることもありますが、あまりにも進行すると大掛かりなバイパス手術が必要となりますので、このような病気を引き起こす前にあらかじめ糖尿病の発症に気づいて治療を受けることが大切です。

痛風(高尿酸血症)

血液中には尿酸が含まれますが、これはプリン体が代謝されることで発生する老廃物でもあります。尿酸自体は水に溶けにくい性質で、これが必要以上に増えると尿酸は結晶化し、尿酸塩となっていきます。ちなみに尿酸の濃度のことを尿酸値というのですが、血液検査によって血清尿酸値が7.0㎎/dl以上と判定されると、高尿酸血症と診断され、尿酸塩が発生しやすい状態となります。

この尿酸塩(針状に結晶化する)が血液中で増え、関節付近(足の親指の根元あたりの関節)に溜まるようになると激しい痛みと炎症による患部の腫れがみられるようになります。これを痛風発作(痛風)と言います。発症して24時間以内が痛みのピークとされ、発作時は歩くのも困難となりますが、痛みや腫れというのは1週間程度で治まるようになります。

治療をする場合は、発作を抑える治療と、そもそもの原因である上昇した尿酸値を下げる薬物治療が行われます。なお痛風発作が起きている場合は、尿酸値を下げる薬物療法は行いません。発作が治まってから尿酸値を下げる治療を開始します。ちなみに痛風を発症している患者様は、他の生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症 など)を発症していることが多いので、その場合はこれらの治療も併行して行っていきます。

強い痛みを伴う病気ですが、近年は研究が進んでよい薬も開発されています。医療機関で適切な治療を受け、生活改善を心がけることにより、健康的な生活を取り戻せるようになります。但し、痛風の方は、糖尿病や高血圧、脂質異常症などを併発しているケースが多く見られます。そのような場合は、合併症の治療も同時に必要となります。