検査機器紹介①

当院では様々な検査機器を導入して、皆様の健康管理ができるよう準備を行っております。

今回は当院での検査機器をご紹介できればと思います。

①血液検査・尿検査

血液検査は、血算(白血球、赤血球、ヘモグロビン、血小板)だけでなく、生化学検査も院内で行っています。

一般に「肝臓の値が・・・」「腎臓の値が・・・」「コレステロールが・・・」と言われる検査も院内で行っていますので、クリニックでよくある「翌日にまた結果説明をしましょう」ということなく当日中に結果説明が可能です!(がんマーカーのような専門的なものはお日にちをいただくものもあります)

また、糖尿病の指標になるHbA1c(ヘモグロビン エーワンシー)も当日中にお伝えできます。

検査時間も血液採取から約15分前後で検査結果が出ます!!

尿検査もすぐに結果説明可能です!!

血液検査も尿検査も結果は電子カルテで一括管理しておりますので、時系列で経過の良し悪しもすぐにできます!!

②内視鏡検査(胃カメラ)

当院では内視鏡検査は「胃カメラ」を行っております。(「大腸カメラ」は行っておりません。。。申し訳ありません。。。。)

ただし!!胃カメラについては、最新のものを導入しております!

カメラのスコープ径も5mm と非常に細いです。鼻からの検査でも口からの検査でもどちらにも対応できます!

そして、何より最新のカメラは画質がきれいです!!

今までは経鼻用のカメラは細い分画質は太いカメラと比べて劣ってしまいましたが、今のカメラは本当に遜色ないくらいきれいに観察ができます!

鎮静(ウトウトしながら)の検査も対応しますので、「検査やっぱりこわい!!」「オエってなるの嫌だ!!」って方は是非鎮静をしながらででも検査を受けてください!!

検査後はリカバリーチェアでゆっくりとお休みください!!(リクライニングがきいて休み心地は抜群です!!)

また、10月から西宮市が開始する「対策型胃がん検診」にも対応しております。

西宮市から検診のご案内が届きました方は是非ご相談ください!!

検査後はリカバリーチェアでゆっくりできます。

③全領域CT(胸部)

当院の目玉検査の1つである「全領域CT」です。聞き慣れないCTですが、、、このCTは・・・

「座ったままで撮影できるCT」

なんです!

皆様がイメージされるCTは「台に寝転んで、筒の中に入っていく」ものかと思われます。

当院のCTは椅子に座っていると、周りの機械が回転して撮影してくれます。

歯医者さんの歯茎のCTと同じイメージです!!

足が悪くて台に寝転んだりするのが大変な方でも簡単に撮影ができます。

そしてもう一つの特徴が。。。

「被曝量が通常のCTの1/25!!被爆が少なく安全!!」

ということです!!

CT検査はどうしても放射線の被爆がありますが、当院のCTは非常に被爆量が少ない機械になっています。

もちろん、今までのCT比べ画質はやや劣りますが、「肺炎があるか」「胸に水が溜まってないか」などについては十分に診断できます!

当院で肺炎の診断がついて専門病院で再度CTが必要となっても被爆については神経質にならなくても大丈夫かと思われます!

昨今の新型コロナウイルス感染症の蔓延もあり、止まらない咳などがある方は一度CTで確認してみてはいかがでしょうか?

日焼けマシンではありません。。。
座って撮影!!
※サンプル画像です

④レントゲン・骨密度検査

当院では通常の胸部、腹部のレントゲンも行えます。

それに加え、骨密度測定が簡単に行えます!

手の指を撮影することで、簡単に骨粗鬆症の疑いがあるか(骨がスカスカになっていないか)が判定できます。

判定結果もすぐに出てきますので、当日中に結果説明が可能です!

骨粗鬆症の疑いが判明した場合には、整形外科での専門的な検査・治療をご紹介させて頂きます。

当院隣にも

「はしもと整形外科 リハビリクリニック」https://hashimoto-ortho-clinic.com

があり、スムーズな連携を取らせて頂きます。(もちろんご希望の整形外科などがございましたらお申し出ください)

レントゲン室
わずか数分でレポートが出てきます!!