禁煙外来

喫煙者の方で禁煙を希望される方を対象とした外来が禁煙外来です。なお、禁煙治療につきましては、一定の条件を満たしていると保険診療が適用されます。適用条件については次の通りです。適用の有無については、初診時に医師が判定します。なお診察の結果、保険適用外となった場合も全額自己負担とはなりますが、同様の治療は受けられます。

  • 今すぐにでも禁煙したいという意志がある
  • 問診票からニコチン依存症と診断される
  • 35歳以上の喫煙者で、ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上である
  • 禁煙治療を受けることに対して文書にて同意している

診察の結果、禁煙治療が必要と医師が判断すれば、治療開始となりますが、その期間は12週間で、5回程度の通院が必要となります。なお費用に関しましては、保険診療の場合は2万円程度、全額自己負担(自由診療)では、5~6万円程度と言われています。

治療について

治療期間中は、ニコチン依存度の判定、呼気一酸化炭素濃度の測定を行い、ニコチン依存度に合わせた禁煙治療薬の処方のほか、通院の際に医師などから禁煙に関するアドバイスを受けることもできます。初回以降の通院間隔ですが、2週間後に2回目、その2週間後に3回目(初回から4週間後)、さらに4週間後に4回目(初回から8週間後)、4回目から4週間後の5回目が最後の通院となります(初回から12週間後)。2~3回目の診察の頃が禁煙の一番の踏ん張り時で、4回目の診察に至る頃には禁煙生活に慣れるようになると言われています。

当院の禁煙治療は、ニコチンパッチかバレニクリン(チャンピックス)による薬物療法となります。患者様の状態をみて、適切とされる治療法を選択します。

ニコチンパッチは、ニコチンの成分が含まれた貼付薬です。ニコチン依存症の方は、ニコチン切れになると禁断症状(イライラする など)が現れるようになります。この場合は皮膚からニコチンが吸収されるようになるので、そういった症状は抑えられるようになります。それでも日を追うごとに含有量を減らしていき、8週間後にはパッチを使用しないようにしていくことで、禁煙状態にしていきます。なおニコチンパッチは起床してから就寝前まで貼った状態になります。そのため、同じ位置に貼り続けると皮膚がかぶれることがありますので、毎日貼る位置を替えるようにしてください。

一方のバレニクリンは、ニコチン依存症の成分となるニコチンは入っていませんが、ニコチンが切れてもバレニクリンを飲むことで少量のドパミンが分泌されます。そのため、ニコチン切れ(イライラ など)の症状は抑えられるようになります。また服用後1週間は、喫煙しながらバレクリニンを飲むという併用となるわけですが(服用後8日目から禁煙)、タバコを吸っていてもおいしく感じなくなるので、1週間を前に禁煙をし始める患者様も少なくありません。治療をしていく中で、もう服用しなくても問題ないと思っていても医師の指示がない限りは最後の通院日まで服用し続けるようにしてください。なお、バレクリニンは副作用として、吐き気や眠気などの症状がみられるほか、うつ病の患者様が服用するとうつを悪化させることもあるので服用することはできません。